ひよこ3兄弟の偏頭痛対処室
ホームリンクサイトマップ

ホーム > 偏頭痛のあれこれ > 偏頭痛に関するQ&A

偏頭痛に関するQ&A

偏頭痛に関する疑問をQ&A形式でまとめました。偏頭痛でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。
「偏頭痛」は頭のどちらか片方だけが痛むの?

偏頭痛は頭の片側だけに起こる頭痛の症状を意味するのではなく、あくまで病名です。確かに左右いずれかに痛みを訴えるケースが多いのですが、両側に出ることもあります。また、両側が痛み、かつ左右いずれかの痛みが強い・・・といったケースもあるなど、その痛み方はさまざま。つまり「偏頭痛」は片側だけに起こる痛みではなく、「偏った頭痛」と考えていいでしょう。

偏頭痛はどうして起こるの?

偏頭痛は頭部の動脈が拡がり、血管壁の神経を刺激するために痛みが生じます。発作の前には血管を収縮させる脳内物質「セロトニン」が血液中に急増し、発作時には急減するため激しい頭痛が始まるのです。偏頭痛が起きているときに吐き気がしたり、眩しく感じるのはこうした神経の刺激が原因とされています。

偏頭痛は女性だけのもの?

偏頭痛は女性に多い頭痛であることは確かですが、男性にもみられます。偏頭痛患者の10人中8人は女性とされ、母親から娘へと遺伝していく例がほとんどです。

医学的な理由は解明されていませんが、女性ホルモンが影響しているのではないか・・・と考えられています。実際に月経時やその前後は頭痛がひどくなり、妊娠すると頭痛が起こらなくなったという女性は多いでしょう。男性にも偏頭痛は発症するのですが「偏頭痛は女性の病気」という先入観が強く、どうしても緊張型頭痛と間違われてしまいがち。頭痛持ちの男性は一度病院へ行き、その症状を詳しく話してみましょう!

偏頭痛って遺伝するの?

偏頭痛は遺伝が大きく影響します。中でも「前兆を伴う偏頭痛」は母親が偏頭痛だと、その子供も偏頭痛になる確率が5割以上にものぼるとか。また、遺伝以外の要因として1つの家族が頭痛になりやすい生活環境で暮らしているうちに、その何人かが頭痛持ちになっていくケースもあるようです。この場合には食事や生活習慣を改善することで偏頭痛を予防、あるいは軽減することができます。

偏頭痛と食べ物は関係あるの?

偏頭痛の引き金となる食べ物としてアルコールやチョコレート、赤ワインなどがあげられますが、これには個人差があります。

食べ物に限らず、「自分が何をしたときに偏頭痛が起こりやすいか」を把握しておくことが大切です。

偏頭痛って遺伝するの?

偏頭痛は遺伝が大きく影響します。中でも「前兆を伴う偏頭痛」は母親が偏頭痛だと、その子供も偏頭痛になる確率が5割以上にものぼるとか。また、遺伝以外の要因として1つの家族が頭痛になりやすい生活環境で暮らしているうちに、その何人かが頭痛持ちになっていくケースもあるようです。この場合には食事や生活習慣を改善することで偏頭痛を予防、あるいは軽減することができます。

薬を飲むタイミングは?

偏頭痛は1時間くらい経つと徐々に悪化し、しまいには吐き気や嘔吐を伴います。最盛期になると鎮痛薬やエルゴタミン製剤ではほとんど効果が得られません。

それどころかかえって胃腸障害をひどくさせて苦しむ結果にもなりかねません。鎮痛薬やエルゴタミン製剤に関しては、頭痛の早期に服用するのがポイントです。トリプタン製剤は偏頭痛の最盛期にも効果を発揮しますが、吐き気や嘔吐が起こると服用できなくなってしまいます。こちらもやはり、偏頭痛の早期に服用したほうがいいようです。偏頭痛持ちの人は鎮痛薬を常備し、発作が起こったらすぐ服用するようにしましょう。

予防療法にはどれくらいの効果があるの?

予防的治療によって、偏頭痛の発作が完全になくなるわけではありません。しかし、発作の頻度をほぼ半分程度に減らしたり、症状を軽減させたりすることは可能です。

偏頭痛発作が頻繁に繰り返されて、日常生活に支障を来たすような場合には有効な治療法といえます。