ひよこ3兄弟の偏頭痛対処室
ホームリンクサイトマップ

ホーム > 偏頭痛をケース別に見てみよう > 女性の偏頭痛

女性の偏頭痛

生理の前後や生理中に頭痛が起こる人は多いでしょう。生理に限らず、妊娠や出産、更年期など、女性の偏頭痛には「女性ホルモン」が大きく関わっているようです。妊娠、出産、更年期など、偏頭痛は男性に比べて女性に多く、その患者数は男性の約4倍ともいわれています。

なぜ、女性に多い?

子供のうちは男の子に多くみられますが、生理の始まる思春期くらいからは逆に女性が多くなります。

偏頭痛は一生続くというものではなく、閉経を迎えるころにはぐっと減り、60歳を過ぎるとパタッと起こらなくなる人も多いようです。

思春期以降は圧倒的に女性が多く、また閉経以降は少なくなることから、女性の偏頭痛は「女性ホルモン」と深く関わりがあると考えられます。

女性ホルモンと偏頭痛

偏頭痛は脳の血管が拡張し、その周囲に炎症が起き頭に痛みを感じます。その血管の拡張に関係しているのが「セロトニン」という脳内物質です。

セロトニンは女性ホルモンの「エストロゲン」に影響されやすく、この分泌量が急減するとセロトニンも急減して血管を拡張し、偏頭痛が起こると考えられています。特に、エストロゲンが急減する排卵期や月経初日前後は偏頭痛が起こりやすい時期といえるでしょう。

また、エストロゲンの変動が少ない妊娠中は偏頭痛も少なくなり、閉経後には偏頭痛が治まる人も多いとか。偏頭痛が始まる時期、あるいは頻度が増える時期も生理が始まる思春期ごろからということが多いようです。

いずれも個人差はありますが、「女性ホルモン」が関係していることに違いはありません。

女性の偏頭痛とその対処法

生理時の偏頭痛

偏頭痛は女性ホルモンの急激な減少があるときに起こりやすいので、生理中やその前後、排卵日などは要注意です。また、普段から偏頭痛が起こりやすい人でも生理時の頭痛は特に治りにくく、市販の鎮痛薬が効かないことも多いとか。

なおかつ偏頭痛を「生理痛」と勘違いして、鎮痛薬で我慢している人も少なくありません。偏頭痛にはそれ相応の薬があるので、病院で処方してもらいましょう。生理時は頭痛や腹痛で動きがとりにくいので、辛くない時期に病院を受診し、自分に合う薬を見つけておくといいですよ!

生理不順と偏頭痛

近年はストレスを抱える女性が多いため、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、生理不順になる人も多いようです。生理不順になると偏頭痛もいつ起こるかわからない状態となり、不安だからと鎮痛薬をどんどん飲んで「薬物乱用頭痛」になることがあります。また、排卵時と生理時の偏頭痛が連続し、ダラダラと頭痛が続くことで対処しきれなくなり、薬の量が増える人もいるでしょう。

生理不順になった場合はかなりのストレスがかかっていると考え、なるべく早めに病院を受診するようにしましょう。もちろん、ストレスそのものが偏頭痛の誘因になることもあるので注意してください。

妊娠中の偏頭痛

妊娠中期〜後期にかけては女性ホルモンの分泌量が高く、安定するため偏頭痛は起こりにくいとされています。しかし、ときには偏頭痛が起こる場合も・・・。

その際は、まず薬以外の方法(こめかみを冷やすなど)から試してみてください。それでも我慢できなければ、医師から処方してもらった薬を飲むようにしましょう。

産後、授乳中の偏頭痛

出産後は女性ホルモンが急激に減少するため、偏頭痛が起こりやすくなります。また、育児のストレスや睡眠不足などが誘因になることも。

授乳中は妊娠時と同様、いきなり薬を飲むのではなく、まずはそれ以外の方法から試してみましょう。それでも我慢できないようであれば、医師から処方してもらった薬を飲んでみてください。

子育て中は忙しくて受診できず、偏頭痛で困っている人は案外多いようです。頭痛持ちの人は赤ちゃんが欲しい・・・と思った時点で病院を受診し、あらかじめその対策を練っておくといいでしょう。

更年期の偏頭痛

更年期には女性ホルモンの分泌が低下し、不安定になりがちです。そのため偏頭痛が起こりやすくなったり、痛み方に何らかの変化が生じたりすることもあるでしょう

。また、さまざまな不調(火照りやのぼせ、不眠、イライラ、肩こりなど)が起こり、これらのストレスによって偏頭痛が誘発されやすくもなります。さらに肩こりやストレスから緊張型頭痛が起こりやすくなり、偏頭痛と合わさって連日ダラダラと頭痛が起こることも。

しかし、こうした更年期の偏頭痛にも治療薬はあるので「更年期だから」と諦めず、まずは病院を受診しましょう。なお、更年期が過ぎて閉経すると女性ホルモンは低い状態で安定し、偏頭痛は起こりにくくなります。

▲ Back Top